June 22, 2008

It's a Free World...

日本ではこの夏公開の映画、『It's a Free World...』(*)。 イギリスを代表するケン・ローチ監督・ポール・ラヴァティ脚本の作品。移民なしでは語れない今のイギリス社会を、労働者の視点から鋭く描いています。

   ***

職を失ったシングルマザーのアンジーは、預けっぱなしの息子との生活を夢見て、友人と職業紹介所をスタートさせる。それは、移民の職業斡旋であった。

なんとか軌道にのせると、もっと儲かる方法があることを知り、超えてはいけない一線を超えてしまう。そして事件に巻き込まれ…

         ***
虹マークのアンジーの職業斡旋会社に夢を託すウクライナの女性。彼女の希望あふれる笑顔と、自由な世界で自分の幸福を追求するアンジーのクールな微笑みが交差するラストシーン。考えさせられます。

なんといってもキャストが新鮮。言葉巧みに呼び出されて台詞を言う羽目になったコリン・コフリン(アンジーの父親役)の本業は港湾労働組合員。また映画にユーモアのエッセンスを与えるアンジーの友人アンディは人気の舞台コメディアンのレイモンド・マーンズ。そして、なんといっても、アンジー役のキルストン・ウェアリングが、時に突き放すような冷めた視線と尖った口調で、この映画の中核をしっかりと築いています。

Figaro Japon(7月5日発売号)、そして映画会社・宣伝Moviola制作の映画パンフに、エッセイを書かせていただいております。そちらもどうぞよろしく

(*)
2007年ベネチア国際映画祭最優秀脚本賞
2007年セビーリャ映画祭最優秀作品賞
2007年英国インディペンデント映画賞


        
                                Today's pics....

Pub in Mayfair(Hedge Fundが多いエリア)

kings arms









 

 

 

 

Canary Wharf - new financial district in East London
canary wharf





 

 

 

 

 

 



yomarukuni at 00:00|Permalink Film 

June 20, 2008

Colouful day

modern tate

yomarukuni at 00:00|Permalink

June 18, 2008

Finally feeling summer

green park

yomarukuni at 00:00|Permalink

June 15, 2008

Drivers on break

Bus drivers

yomarukuni at 00:00|Permalink

June 12, 2008

Typical British....

brit's lunch













ある日の同僚のランチ。
トーストにチップス(フライドポテト)…。


yomarukuni at 00:00|Permalink

June 10, 2008

Hidden alley

Bankside

yomarukuni at 00:00|Permalink

June 05, 2008

Red in a scene

post n bike

yomarukuni at 00:00|Permalink

May 31, 2008

Black in a scene

black cab

yomarukuni at 00:00|Permalink

May 23, 2008

Friday quick drink & free paper

pub

yomarukuni at 00:00|Permalink

May 18, 2008

Bridge Up

towerbridge up

yomarukuni at 00:00|Permalink

May 01, 2008

Next London Mayor

<JMM配信号 付録>
ロンドン市長選挙、候補者トップ3は彼ら。

kl  

3期目なるか。コンジェスチョン・チャージ導入など、(成果のほどはともかく)、実行力には定評あり。

Ken Livingstone. Labour Party


(最新予想得票率 35%)


bj

イートン校、オックスフォード大のエリートインテリおぼっちゃま。ジャーナリストのするどい洞察力が活かされるか。

Boris Johnson, Conservative Party


(最新予想得票率 46%)



bp


生粋ロンドンっ子を誇る警察官。迷ったら「彼」というポジションで、上記二人の運命を握る!?

Brian Paddick, Liberal Democrats




( all pictures from London Elects.)

追記:
結果=野党第一党・保守党のBoris Johnson氏が新ロンドン市長に。2010年の総選挙に向けて、一気に盛り上げていきたいところ。一方、ブラウン首相、ピンチです。

 ***

2008年5月1日発行、JMMロンドン〜スクエア・マイルから 「Get us a decent London Mayor!」はこちら。
続きを読む

yomarukuni at 00:00|Permalink JMM 

April 30, 2008

Driving songs

<Don't drive when you drink....>
pub










私の運転好きは、実は運転中に聞く音楽好きとも言え、何しろカーオーディオは家の音響よりずっといいからですかね。 聴くのはもっぱらクラシックですが、カフェグローブファウンダーの青木陽子さんに教えてもらってから、ロンドン最大?のクラブMinistry of SoundのCDを聴くことも。

ガンガンにボリュームを上げると、低音がボンボンと響いて、「もしかして、これが若者のアレ」なのね、とこの年にして新発見。

聴く音楽によってついついアクセルを踏み込みがちなんてこともありますが、ワルツ系も案外スピード感出るんですよね、おっほっほ。

ということで、イギリスで人気のドライブ・ミュージックはこれらだそうです。
  1. Bat Out of Hell - Meat Loaf
  2. Bohemian Rhapsody - Queen
  3. Born To Be Wild - Steppenwolf
  4. Don't Stop Me Now - Queen
  5. Hotel California - The Eagles


yomarukuni at 00:00|Permalink

April 28, 2008

I will be...

<Long way to go..... >
long way













イギリスの子供たちが、将来なりたい職業は「有名人」。視聴者参加型のテレビ番組が増えた影響で、テレビに出て、金持ちになりたいのだそうです。

特に女子の多くは、ベッカム妻のビクトリアなどWAGsと呼ばれるフットボーラーの妻やガールフレンドなどがロールモデル。バービードールを着飾って遊ぶことから、自分への着飾りに移行した女の子たちにとって、連日メディアをにぎわせるWAGsやタレントの豪華な生活ぶりは、すんなりと憧れになるのでしょう。

そういえば、離婚の慰謝料をがっぷりもらいたいなら、キャリアウーマンにならずに、昼間はリッチにネイルサロンやショッピング、夜は友人とナイトクラブを満喫というWAGsスタイルの家庭の主婦が一番!なんてコラムも。彼女らは夫の収入なしでは生活できませんからね。しかも結婚時のライフスタイルを維持できるような考慮も入るので、それ相応の慰謝料を請求しやすいのだそうです。一方、キャリアのある女性、独りでもやっていけるじゃろ、ということで、夫からの慰謝料はカット、もしくはなし!?

職場での男女平等を展開させているイギリスでも、まだまだ平均収入が男性以下だったり、管理職につく女性の絶対数は男性に及ばないなど、女性の職場の立場はまだまだつらいのであります。 苦労して働くよりも、テレビに出て有名人になるか、リッチな男性を見つけるほうに、労力を費やしたほうがよいわ、ってことにますます拍車がかかってしまうのでしょうか。 

リアリティ番組からの有名になった人が多いことに洗脳されて、自分もすぐに有名になれると信じている子供たちが多いというのは、ちと、悲しい現実でもあります。


yomarukuni at 00:00|Permalink

April 26, 2008

Changing of the Guard

大陸からの友人のおかげで、久しぶりにBuckingham Palaceの衛兵交代を鑑賞。
changing of the guard












march in red














march in black











ま、ちらっと見えたし…もういいっか。
boys




























一方、こちらはまだまだ真剣。
family























yomarukuni at 00:00|Permalink Travel